九州

大分県の特定不妊治療費等助成事業【助成金・補助金】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分県では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図り、お子さんを望む方の希望を実現できる環境づくりを推進するため、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に要した費用の一部を助成しています。[重要]令和3年1月1日~3月31日の間に終了した治療は、令和3年6月30日が申請期限です。 

こちらは個人向けの助成金(補助金)です

地域大分県
補助・助成金額上限41万円
目的【雇用・人材】【エネルギー・環境】【健康・医療】
対象事業・対象者助成の対象となる方
次の(1)~(4)の要件をすべて満たす方
(1)特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがない、
または極めて少ないと医師に診断されていること
(2)治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦又は事実婚関係にある夫婦であること
(3)治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること
(4)申請時に夫婦のどちらかが大分県内(大分市を除く※)に住所があること(要住所登録)
※大分市にお住まいの方は大分市の制度で助成を受けることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。→大分市不妊治療費助成金
公式URLhttps://www.pref.oita.jp/site/funinpotal/tokuteihunin.html
関連資料
現在の状況随時募集中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加